愛知の屋根工事は瓦の後藤
 
よくあるご質問
瓦の「凍て」とは何ですか?
瓦が凍てる(いてる)というのは文字通り瓦が凍り(こおり)つくことで、気温が下がってあまりにも寒くなると瓦が凍ってしまう現象のことを言います。そして、瓦が凍ると後で割れてボロボロになってしまいます。

瓦は土を高い温度で焼いた屋根材なのですが、多少は水分が瓦に浸透します。あまりにも気温が下がると瓦内部に浸透した水分が凍り、気温が上がると水分が溶けます。その水分が蒸発する前にまた気温が下がると、また凍ります。

この繰り返しによって瓦に浸透した水分の体積が増えて膨張し、瓦が割れてしまうのです。特に日照時間の短い北面の屋根など日差しがあまり当たらない所は、水が蒸発しにくいですから凍てやすいと思われます。

昔は凍てやすい瓦も多かったのですが、現在は瓦の性能も良くなり凍ての心配はほとんどしなくて良くなりました。古い瓦などで凍てが心配な場合も、ぜひお気軽にご相談ください。
 
関連するよくあるご質問
瓦の寿命って何年くらいですか?
瓦は地震に弱いんですか?
 
>> よくあるご質問 一覧に戻る
 
リンク 更新履歴 サイトマップ
岐阜の屋根工事は瓦の後藤
住所:〒484-0079 愛知県犬山市木津西ノ畑239-1
TEL:0568-65-0228 FAX:0568-54-8008
メールアドレス:info@roof-goto.com
雨漏りの修理など無料で屋根を診断致します